↓↓どうしても借りたい人の神金融↓↓

1社でも借りたい人はこちら

超神金融のバナー

最新の神金融のランキング

神金融ランキングのバナー

借金が返済できずに悩んでいる
専門家に無料相談はこちら

グリーン司法書士事務所のバナー
           

広告

           

おまとめローンは総量規制の対象外!?審査が通りやすい理由とは?

あなたは複数社から借金をしている多重債務のために新たな借金がきびしく、生活が苦しくなっていると感じているのではないでしょうか。そのような人に朗報です。

おまとめローンは総量規制の対象外であり、他社借り入れがあっても借りやすい商品として特化しています。また、審査に通りやすいとされているので、いま目の前の生活が苦しくお金に困っている人にとって救いの手となるでしょう。

おまとめローンで借金を一本化することで利息を減らし、毎月の返済負担をグッと減らすことができるので、複数社から借金をしている多重債務の人は借金問題の解決として試してみるべき対策の1つです

借金をまとめて利息を減らす

中央リテール

審査なしで24時間365日いつでも最短10分で現金化する最終手段があります!また、誰でもスマホで登録するだけで1,000円ゲットできるサービスもあります。

あわせて利用すれば、当日〜翌日のあいだに数千円〜数万円を手元にゲットできます。お金が必要な人は、1日でも早く行動に移しましょう!

登録だけで1,000円GETはこちら

おまとめローンの総量規制について

総量規制の内容とは

総量規制とは、2010年に導入された消費者金融業界の規制のことで、借り入れ金額が年収の3分の1を超えないように制限するものです。これにより、多重債務者の増加や過剰貸付の防止がはかられました。

しかし、この規制の影響で多数の消費者が融資を受けにくくなり、「おまとめローン」が注目を集めるようになったのです。

おまとめローンは総量規制の対象外

おまとめローンは総量規制の対象外です。

おまとめローンは、融資が目的ではなく、複数の借入れを一つにまとめることが主目的となっており、そのために申し込み人の信用情報や返済能力を調べるような審査がおこなわれます。

そのため、他社借り入れがあっても借りやすい商品として特化しています。

総量規制による影響とおまとめローンの選択理由

総量規制とは、借り入れ者の年収の3分の1以上に相当する借入ができないという金融庁の規制です。この規制により、多重債務や過剰な借り入れを防止する狙いがあります。

おまとめローンは、総量規制の対象外であり、他の借入方法よりも審査に通りやすい特典があります。そのため、他社借り入れがあってもおまとめローンを利用することで、月々の返済負担を軽減することができます。

具体的には、他社借り入れの利息が高い場合に、おまとめローンの低い利息で借り換えることで返済額を減らすことができます。また、複数の借り入れ先の返済に追われることがなくなるため、返済目標が明確になり、資金管理がしやすくなります。

一方で、おまとめローンを利用する場合、新たな借り入れとなりますので、返済計画を立てておかなければなりません。また、借り換えの手数料や保証料などがかかる場合があるため、負担があることも考慮する必要があります。

総量規制により、多重債務や過剰な借り入れを防止するための規制ですが、おまとめローンは総量規制の対象外であるため、利用することで返済負担を軽減することができます。ただし、借り換えの手数料や保証料がかかる場合があるため、利用する際には返済計画をしっかりと立てることが大切です。

借金をまとめて利息を減らす

おまとめローンの審査について

おまとめローンの審査基準とは?

おまとめローンの審査基準は、他の借入方法と比べて柔軟に設定されています。ただし、必要書類や条件を満たしていない場合は、審査が通らない可能性があります。

以下のような情報を提出することで、審査がおこなわれます。

  • 年齢
  • 収入
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 借入件数
  • 返済実績など

また、おまとめローンは、他社借り入れがある場合でも審査に通りやすい商品として知られています。これは、おまとめローンが総量規制の対象外であるためです。ただし、他社借り入れがある場合でも、収入や返済実績などに問題があると審査に通らない可能性があります。

おまとめローンを利用する場合は、必要書類を揃えて、審査に備えることが重要です。また、審査基準にも注目し、条件を満たすように努めましょう。

他社借入れがある場合の審査について

まとめローンは、他社借入れがあっても借りやすい商品として特化しています。そのため、他の借入方法より審査に通りやすい傾向にあります。ただし、他社借入れがある場合でも、その借入状況によっては審査が厳しくなることもあります。

例えば、他社借入れの返済期間が長く、返済負担が大きい場合、おまとめローンの審査に影響することがあります。また、他社借入れの返済遅延や債務整理の履歴がある場合、おまとめローンの審査を受けることができない場合があります。

そのため、他社借入れがある場合でも、まずは複数のおまとめローン会社を比較し、自分に合った商品を選ぶことが重要です。また、他社借入れの返済状況をしっかり把握し、返済計画を立てることも大切です。

審査に通りやすい特典や注意点

おまとめローンは、総量規制の対象外であるため、他の借入方法より審査に通りやすいと言われていますが、それでも審査基準はしっかりとあります。審査に通りやすい特典としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 安定した収入があること
  • 個人信用情報が高いこと
  • 保証人や担保を用意する必要がないこと

一方、審査で注意が必要な点もあります。例えば、以下のような理由で審査に落ちることがあります。

  • 借入件数が多すぎること
  • 信用情報に傷があること
  • 収入が不安定なこと

審査に通りやすいためといっても、安易に借入をするわけにはいきません。自分の返済能力をきちんと見極め、計画的な借入を心がけましょう。また、審査に通りやすい特典を活用することで、無理のない返済計画を立てることができます。

借金をまとめて利息を減らす

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンのメリット

おまとめローンには以下のようなメリットがあります。

  1. 複数の借り入れをまとめることができるため、返済計画がスッキリと立てられる
  2. 借り入れ先が1つに絞られるため、利息の支払いが総合的に少なくなる場合がある
  3. 返済期間が延びることで、月々の返済額が減る場合がある

ただし、おまとめローンにはデメリットもあるので注意が必要です。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンには以下のようなデメリットがあります。

  1. 繰り上げ返済できない場合がある
  2. 保証人が必要な場合がある
  3. 借り入れ先が限られる場合がある
  4. 総貸付額が減るため、元々の借り入れの期間よりも長く支払う必要がある場合もある

注意点としては、借り入れ先や借り入れ条件を比較検討することが重要です。

また、おまとめローンはあくまで借り入れの再編成方法の1つであり、借金返済のための単独の解決策ではありません。返済計画を立てて、借り過ぎの再発防止にも取り組むことが大切です。

おまとめローンを利用する際のポイント

おまとめローンは、複数の借り入れを一つにまとめることができるため、返済の管理がしやすくなるなどのメリットがあります。しかし、デメリットとしては、借り入れ金額が増える場合があることや、利息が高額になる場合があることなどが挙げられます。

そこで、おまとめローンを利用する際のポイントについて説明します。まず、利息の比較をしっかりおこなうことが大切です。複数の金融機関から借り入れをしている場合、利息率に差があるため、効果的なおまとめローンの選択をおこなうためには、それぞれの金利を比較してよく検討する必要があります。

また、おまとめローンの契約内容をしっかり確認することも重要です。返済方法や返済期間、違約金などのペナルティーに関する条項を確認し、トラブルを避けるためには、契約内容について十分に把握しておくことが必要です。

以上のように、おまとめローンを利用する際には、利息の比較や契約内容の確認などをしっかりおこなうことが重要です。また、自身の返済能力をしっかり見極め、無理のない計画的な返済をおこなうことも大切です。

借金をまとめて利息を減らす

中央リテール